大塚屋限定オリジナルリバティ・生産決定!「リバティプリント・タナローン別注2024」

ぬのにちは♪

大塚屋ネットショップでございます。

本日のテーマは、「リバティプリント別注」についてです。

「リバティ」といえば、さらさらと上質な風合いが特徴の「タナローンプリント生地」が超有名です。

大塚屋ネットショップでも、リバティプリントの数あるアイテムの中から独自にセレクトしたコーナーを設けています。

大塚屋ネットショップのリバティプリント特集ページはこちらです。

そして、およそ4年前の「大塚屋70周年」の際には、「ウィルトシャー」「ジェニーズリボンズ」「プールパーティ」「ワイルドフラワーズ」といったデザインの別注カラーを販売していました。(現在ではどれも完売となりました)

そして、2024年の今。

新たに「リバティプリント大塚屋別注」の企画が立ち上がろうとしています。

そのひとつが、今回の『「いちご泥棒」じゃないほうの鳥さん』です。

「じゃないほうの鳥さん」をお伝えする前に、まずはこの写真をご覧ください。

\ ストロベリー・シーフ /

そもそも、「いちご泥棒」とは何なのかについて先に説明をいたしますと、こちらの図案はイギリスのデザイナー、ウィリアム・モリス氏の代表作「ストロベリーシーフ(=いちご泥棒)」からきています。

リバティプリントには、1995年にクラシックコレクションとして登場して、今日も販売を継続しています。

この「ストロベリーシーフ(=いちご泥棒)」は、すでにリバティプリント以外のさまざまな商品展開もされている人気図案ですが、今回の「リバティプリント大塚屋別注」は、ストロベリーシーフではなく、こちらの「じゃないほうの鳥さん」を企画いたします。

\ かわいい、「イチゴ&鳥さん」 /

こちらの、写真上部の布地が、今回の「リバティプリント大塚屋別注」です。

いったい、このかわいい鳥さんは何者なのか。

いったいどんなカラー展開があるのか。

そして、いつごろに発売となるのか。

まだ決定していない部分も多いため、詳しくはあらためまして、後日発表いたします。

お楽しみにお待ちくださいませ

大塚屋ネットショップのリバティプリント特集ページはこちらです。